株式会社小さな一歩

二人三脚イラスト

「株式会社 小さな一歩」は、皆さまの
これから始まる小さな一歩を
サポートするために、
前澤友作が新しく立ち上げた新会社です。

【養育費あんしん受取りサービス】

養育費を
受け取れていない方

養育費を受け取れているが
支払いが安定しない方

養育費の取り決めた金額の
満額を受け取れていない方

※ 「よくあるご質問」をまずはご覧ください。

養育費あんしん受取りサービス

最低1年間の
支払い保証
スマホで
簡単申込み
元パートナーとの
連絡は不要
保証料
15%
市町村の
助成あり※1

あなたが受け取れていない養育費を、私ども「小さな一歩」が元パートナーに代わってお支払いする保証サービスです。

養育費を受け取れていても、支払いが遅れたり滞ったりで安定しない場合、養育費の取り決めた金額の満額を受け取れていない場合なども、受け取るべき適正な金額の養育費を、決められた日に安定的に受け取ることができるように支援します。

※1 現在助成制度を導入している自治体一覧はこちらをご参照ください。

※ 「よくあるご質問」をまずはご覧ください。

サービスご利用の流れ

お申込み後、郵送で必要書類をお送りします。ご捺印いただいた上ご返送ください。
書類の到着後、元パートナーに弁護士(法律事務所)が養育費を支払うよう働きかけます(※1)。

元パートナーの現在の就労状況や収入などを勘案した上で、支払額を定め、元パートナーに支払いの合意をしてもらいます(※2)。

合意後、元パートナーに弊社保証サービスをご理解していただいた上で、保証委託契約書を交わします。その後、お客さまへのお支払いがスタートします。

仮に元パートナーからのお支払いが滞ったとしても、契約期間中(1年更新)につきましては、弊社が安定的にお客さまに養育費をお振込み致します。

※1: 弁護士(法律事務所)の費用は別途発生します。弁護士(法律事務所)は弊社からご案内することも可能です。
※2: 既に養育費の取り決めのある方も、今後の支払いについて改めて合意していただきます。

サービス利用料について

毎月のお支払いのうち【15%】を保証料としていただきます。

※ 「よくあるご質問」をまずはご覧ください。

このサービスの特徴

これまでは、養育費の未払いが発生し、お二人同士で解決できない場合、弁護士への相談や依頼が必要となり、費用や時間や精神的な面での負担から、そもそも養育費の受け取り自体を諦めてしまう泣き寝入りのケースが多くありました。

弊社の「養育費あんしん受取りサービス」は、それらの負担をすべてゼロにし、スマホ一つで誰でも簡単に、お子さんの権利でもある養育費を、継続して安定的に受け取ることができるよう支援するサービスです。

なぜ養育費が大切なのか?

養育費はお子さんの権利です。大人の事情とは関係なく、お子さんが充分な教育機会や発育環境を安定的に得るための大切な権利です。

日本の養育費受給率は諸外国に比べても圧倒的に低く、それは受け取る方も支払う方も、養育費に対する意識の低さが招いた大きな社会問題です。

親権を持ち、大切なお子さんが成人になるまで、どんなことがあっても、育て上げなければならないのは親権者であるあなたです。大変なのはあなたです。

養育費は遠慮なく受け取りましょう。養育費はお子さんの当然の権利であり、頑張っているあなたと、これからのお子さんの未来を守る、大切な権利なのですから。

よくある質問

「養育費あんしん受取りサービス」とはどんなサービスなのでしょうか?
月々の養育費を、元パートナーに代わってあなたにお支払いするサービスです。
あなたが元パートナーに連絡をとったり、支払いを催促する必要はございません。本サービスをご利用いただくことで、決まった金額を、毎月決まった日に安心して受け取ることができます。
養育費の支払いを取り決めた「書面」とは、具体的にどういったものを指すのでしょうか?
ここでいう「書面」とは以下のものを指します。
①公正証書:養育費の支払いについて相手方との間で協議し「公証役場」に行って作成した書面
②判決正本:養育費の支払いについて「訴訟」を起こし「裁判所」が養育費の支払いを相手方に命じた書面
③審判書:養育費の支払いについて「審判」を申立て「家庭裁判所」が養育費の支払いを相手方に命じた書面
④調停調書:養育費の支払いについて「調停」が成立した場合に「家庭裁判所」が作成した書面
⑤和解調書:養育費の支払いについて相手方と「和解」し「裁判所」が作成した書面
⑥その他の書面(上記の書面以外のもの):※裁判所や公証役場で作成されたものではなく、単に、当事者の間でした約束を書面にしたもの

これ以外の口頭での取決めや、LINE上でのやり取りなどは、本サービスでいう「書面」には含まれません。
養育費の支払いを取り決めた「書面」がない場合、「養育費あんしん受取りサービス」は利用できないのでしょうか?
書面がない場合でもご利用いただけます。元パートナーの現在の就労状況や収入などを判断した上で、元パートナーの合意の上「支払合意書」(今後の養育費の支払いが記された法的書面)を作成します。
弁護士による書面作成後、元パートナーに同意いただけた場合、保証委託契約書を交わします。その後、お支払いがスタートします。
手数料はかかるのでしょうか?
毎月保証する金額から、保証料として毎月保証する金額の15%をいただきます。
本サービスを利用する場合、元パートナーに何らかの連絡はいくのでしょうか?
弊社もしくは弁護士より連絡を取らせていただきます。
この際、あなたのご住所や電話番号、現在の状況を、原則元パートナーにお伝えしません。
※状況に応じて、あなたの同意があった場合のみ、元パートナーに個人情報をお伝えする場合もあります。
小さな一歩から元パートナーへの催促はどのように行われるのですか?
コンプライアンスを重視し、元パートナーからの報復等につながらぬよう、慎重に連絡を取らせていただきます。
本サービスは、法令を遵守してますでしょうか。
弁護士法72条では、事件を弁護士へ紹介することの対価として報酬を徴収することを禁じています。
本サービスは、元パートナーに代わってあなたに養育費をお支払いする「保証サービス」であって、養育費という権利を買い取るサービスではありません。
したがいまして、本サービスは保証サービスの対価として報酬(保証料)を得るのみで、事件を弁護士へ紹介することの対価としての報酬は得ておらず、また、権利の譲渡を受けているわけでもないため、弁護士法72・73条には抵触いたしません。なお、日本弁護士連合会に対しては当社から本サービスの適法性を説明しております。
たくさんのひとり親の方にご利用いただいていること、またひとり親を社員として採用する等、雇用創出の面においても社会的責任を担う当社は、弁護士法をはじめとした各種法令を遵守したコンプライアンス重視の運営を徹底しておりますので、安心してご利用ください。

採用情報

小さな一歩では「エンジニア」「経理・財務担当」など一緒に事業を創るメンバーを募集しています。

詳しくは採用ページをご覧ください。